【目次】15世紀・16世紀に関する記事を順番に並べてみた。

  • URLをコピーしました!
目次

1400年代

ベリー公ジャンのいとも豪華なる塩入れ「ネフ」

1400年代、王弟ベリー公ジャンがランブール兄弟に制作を依頼した豪華な時祷書(じとうしょ)。

一時期、ネーデルラント総督マルグリット・ドートリッシュも所有していました。 

「1月」に描かれた宴会で、ベリー公ジャンの近くに置いてある舟形のものについて解説します。

メリュジーヌ伝説と『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』の3月

この時祷書の3月の図では、城の上に竜が飛んでいます。

19世紀の画家が描くジャンヌ・ダルクの甲冑と1429年時の武具の値段

1431年、ジャンヌ・ダルクが処刑されます。

19世紀の画家たちが描くジャンヌの甲冑姿と、1429年当時の武具のお値段について。

15世紀の寵姫アニェス・ソレルのファッション(ジャン・フーケの『ムランの聖母子』)

1450年代前半に描かれた『ムランの聖母子』。

モデルは、フランス王シャルル7世の寵姫アニェス・ソレルです。

神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世皇后エレオノーレの衣裳

1452年 ポルトガル王女エレオノーレは、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世と結婚します。

ふたり間の子どもが、後の神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と、バイエルン公妃となるクニグンデ姫です。

ハプスブルク家のクニグンデ姫の「騙され婚」と1516年「ビール純粋令」

チロル奪還の野望を抱くバイエルン公。

偽造文書でハプスブルク家のクニグンデ姫を騙して結婚します!

蛇舌石 かえる石 毒殺を防ぐための道具

1492年、カトリック両王とも縁が深い、ローマ教皇アレクサンデル6世が即位。

教皇なのに「悪魔が服を着ている」とまで言われたアレクサンデル6世の息子はチェーザレ・ボルジア、娘はルクレツィアです。 

狂女王フアナの子供たち、と孫娘『デンマークのクリスティーナ』

1496年、スペインとネーデルラントの二重結婚が行われます。

狂女王と呼ばれたカスティーリャ女王フアナの6人の子どもたち。

画家ハンス・ホルバイン(子)の傑作『デンマークのクリスティーナ』のモデルになった女性はフアナの孫娘でした。

19世紀の歴史画に描かれたカスティーリャ「狂女王」フアナ

後世の歴史画で見るカスティーリャ女王フアナの姿です。

ネーデルラント17州総督マルグリット・ドートリッシュ(前)

スペインとネーデルラントの間で行われた二重結婚の、もう一組のカップル、皇女マルグリットとスペイン王子フアン。

後のネーデルラント総督となったマルグリット・ドートリッシュの、1529年に締結された「貴婦人の和」に至るまでの道のりを見て行きます。

ネーデルラント17州総督マルグリット・ドートリッシュ(後)~1529年「貴婦人の和約」締結

1500年代 

1500年代初め、画家ラファエロ、ベッリーニ、ティツイアーノ他多くの画家が活躍します。

時代はルネサンスに向かいます。

目利きの枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼとボルケーゼ美術館のコレクション

ボルケーゼ美術館にある数々の絵や彫刻。

ドメニキーノ、ベルニーニ、ルーベンス、ティツイアーノなどを観て行きます。

画家ドッソ・ドッシの作品も収蔵されていますが、ドッソ・ドッシはフェラーラ公アルフォンソ1世・デステと、息子エルコレ2世に仕えました。

ディアナよりニンフに目が行く、ドメニキーノの『狩りをする女神ディアナ』

画家ドメニキーノは、ボルケーゼ枢機卿によって牢に入れられてしまいました。

その理由は、ボルケーゼ枢機卿に絵を譲らなかったから…。

ルクレツィア・ボルジアの結婚記念画 『神々の饗宴』

1502年、ルクレツィア・ボルジアは、フェラーラ公国のアルフォンソ1世・デステと3度目の結婚をします。 

ベッリーニの『神々の祝宴』は、ルクレツィアとアルフォンソの結婚記念画と言われています。

ヘンリー7世 「冬の王」のお見合い肖像画

1505年、マルグリット・ドートリッシュに贈るため、イングランド王ヘンリー7世の「お見合い肖像画」が制作されます。

肖像画に見る1500年代前半の首飾りとメアリー1世の真珠「ラ・ペレグリーナ」

「チェーザレ・ボルジアのケープ、今、サライのもの」

1507年 イタリア統一を目論むチェーザレ・ボルジアが戦死します。

チェーザレがレオナルド・ダ・ヴィンチにあげたケープ、今はサライのもの。

アン・ブーリン マルグリット・ドートリッシュの私設学校への留学

1509年、父ヘンリー7世の死去に伴い、ヘンリー8世がイングランド王として即位します。

1513年 後にヘンリー8世二番目の王妃となるアン・ブーリンが、マルグリット・ドートリッシュの「学校」へ留学。

その後アンはフランスへ渡り、フランソワ1世妃クロードの宮廷へ移ります。 

同じ頃レオナルド・ダ・ヴィンチがその近くに住んでいました。

アン・ブーリンはレオナルド・ダ・ヴィンチの姿を見掛けたか?

ルイ12世妃マリー・ダングルテールの「胎児管理人」

1514年、ルイ12世とイングランド王女が結婚します。

王女メアリーは政略結婚を承知し、フランスへ嫁いで行きますが、嫁ぎ先の宮廷ではルイーズ・ド・サヴォワの目が光ります。

1515年 フアナの長男カールは神聖ローマ皇帝に選出され、カール5世となります。

翌年1516年、スペイン王「カルロス1世」に。

1556年以降のスペインは、息子フェリペ2世の治世です。

16世紀、日本の銀が欧州に影響を与えたのかもしれない 『金融史がわかれば世界がわかる ―「金融力」とは何か』

1519年、フアナの長男カールとフランスのフランソワ1世が神聖ローマ皇帝選挙で一騎打ちに。マルグリット・ドートリッシュはフランソワ1世を上回る資金を調達し、カールを支援します。

コレッジョの神話画とホガースの『当世風の結婚』(第四場)

1531年、コレッジョが『ユピテルの愛の物語』4部作を制作。

カトリーヌ・ド・メディシスとアイスクリームとジャム

1533年、フランスでは、カトリーヌ・ド・メディシスが後のフランス王アンリ2世と結婚します。 

17世紀、貴婦人たちの食卓

カトリーヌがフランス宮廷に持ち込んだフォークは、一度姿を消します。

狂女王フアナの子供たち、と孫娘『デンマークのクリスティーナ』

1538年 ヘンリー8世の四番目のお妃候補の肖像画『デンマークのクリスティーナ』が描かれます。 

ヘンリー8世妃アン・オブ・クレーヴズ(アンナ・フォン・クレーフェ)が着る1530年代のハイ・ファッション

1539年、ヘンリー8世の四番目のお妃候補、『アン・オブ・クレーヴズの肖像画』が描かれます。 

キャサリン・ハワード? ホルバインの細密肖像画(ミニアチュール / ミニアテュア)

1540年頃、ヘンリー8世の五番のお妃・キャサリン・ハワードのミニアテュアが制作されます。

アン・オブ・クレーヴズの姉、ザクセン選帝侯妃ジビュレの肖像画

1546年 シュマルカルデン戦争勃発。

カール5世がザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒを破ります。

1553年、9日間女王「レディ・ジェーン・グレイ」(前)

1553年、「9日間女王」レディ・ジェーン・グレイが即位します。

歴史画『レディ・ジェーン・グレイの処刑』とジェーンの周囲の人びとの肖像画をご紹介します。

1553年、9日間女王「レディ・ジェーン・グレイ」(後)『レディ・ジェーン・グレイの処刑』

肖像画に見る1500年代の首飾りとメアリー1世の真珠「ラ・ペレグリーナ」

1554年、スペイン王子フェリペ(スペイン王フェリペ2世)とイングランド女王メアリー1世が結婚します。

肖像画のなかのメアリーは、フェリペから贈られた真珠「ラ・ペレグリーナ」を着けています。

エリザベス1世の肖像画に描かれた「ペリカン」「フェニックス」「蛇」

1559年、メアリー1世の異母妹エリザベスが、女王として戴冠。エリザベス1世です。

ヴェルディの『ドン・カルロ』ヒロインのモデル、エリザベート・ド・ヴァロワ

1559年、メアリー1世と死別したフェリペと、フランス王アンリ2世の王女エリザベート・ド・ヴァロワが結婚します。

オペラ『ドン・カルロ』のモデルとなった人びとの肖像画を掲載しました。

フェリペ2世の妃たち エリザベートとアナ

フェリペの三番目の妃エリザベートと四番目の妃アナの話。

1559年6月30日午後、フランス王アンリ2世の事故

娘エリザベートの代理結婚の数日後、アンリ2世は騎馬槍試合で負傷。

「ノストラダムスが予言した」とされたアンリ2世の事故の様子。

フランソワ・クルーエの肖像画で見る1500年代後半のフランス宮廷

1570年、フランス王シャルル9世と、神聖ローマ皇帝の皇女エリザベート・ドートリッシュが結婚。

画家のジャン・クルーエと息子のフランソワが、この頃のフランス宮廷人たちの姿を描いています。

「ヴェロネーゼのグリーンで」

1570年-1580年代、ヴェネツィア派の画家パオロ・ヴェロネーゼが活躍します。

「女王陛下のお抱えの海賊」とドレーク・ジュエルとトライフル

1588年、イングランドとスペインの間の「アルマダの海戦」。

イングランドの英雄フランシス・ドレークの「ドレーク・ジュエル」と、美味しいデザート・トライフルの話です。

1645年以降行方不明 エリザベス1世が着けた宝石「スリー・ブラザーズ」

1580年代のエリザベス1世の肖像画に描かれた「スリー・ブラザーズ」。チャールズ1世の時代に行方不明になります。

カラヴァッジォとカラッチのコラボ『聖母被昇天』『聖ペテロの磔刑』『聖パウロの回心』

1590年代から1600年代初め。ルネサンスからバロックへ。

よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (10件)

  • schun (id:schunchi2007)様
    読んで下さって有難うございます。
    ほんとーにほんとーに、さらーっと大まかな流れだけです。突然「無いと不便だ!」だと思いましたので。
    この目次はこの先の15・16世紀もののなかにリンクを入れておこうと思います。
    お忙しいなか来て下さって有難うございました。

  • 森下礼 (id:iirei)様
    いつも有難うございます。
    突然、「無いと不便だ!」と思って急いで作った目次です。後でまた文言等変えると思いますが、取りあえず大まかな流れだけでもと💦
    本格的な年表だと勉強っぽいのでイヤですが、日本もまるきり無関係では無い時代。どうしようか考え中です。シュミに走ると世界戦史とか軍事史っぽくなってしまいそうです。
    同じ世界史が好きでも、森下さんとはレベルとかイミが違いますので、あんまり突っ込みは入れてくださらぬようお願い致します(仰向けになって「降参」状態のわんこをご想像ください)

  • id:happy-ok3様
    勿体無いお言葉を有難うございます。
    特に詳しいというわけではありませんが、好きな有名人がたくさん揃う時代ですので、その人物が出て来るととても楽しくなってしまいます。
    急に暑くなったり寒くなったりする時期です。id:happy-ok3様もどうぞご自愛を。
    有難うございました。

  • えんちゃんぐ (id:ennchang)様
    見て下さって有難うございます(・∀・)。
    いや、私も混乱します。
    記事はどれも独立していると同時に関連していますので、出来るだけ同じ肖像画を使ったり、前後の事情もわかり易いようにとは思ってはいますが、なんせフクザツで💦
    取りあえず目次を作って、順番に並べて( ..)φメモメモ。
    目安にしていただければ嬉しいです。
    有難うございました。

  • おはようございます。
    目次という観点でも便利ですが、流れを掴むのにも
    ちょうど良いですね。
    世界史昔やっていなかったので、
    サラッとした流れが勉強になりました!!

  • 「大陸」と呼べる地の歴史は、複雑怪奇で、日本のように「単線的」に物語が進行するのとは違い、「複線的」で、年表をつくらないと、追いつきませんね。私は、高校時代、日本史より世界史が好きで、東大の試験科目として世界史を選びました。(当時は共通一次試験の導入の1年前でした)得点源だったのです。

  • こんばんは。
    1400年代、1500年代、ここまで、詳しくまとめられるのは、素晴らしいです。
    人間模様から、歴史の動きが、進んでいく様子がうかがえます。
    季節の変わり目です。
    寒暖の差も大きいので、お身体大事になさってくださいね。

  • 流れが分かると、更に楽しくなりそうです♪
    結構真面目に(笑)読んでは見るものの、目にする名前や絵画は初めてのものが多くあったりで、頭の中は大混乱。
    そんな自分にとって、とても分かりやすく時代の流れを読んでいけそうです(^^)

  • ko-todo (id:ko-todo)様
    無いと不便だと気付きまして(私がね)、急いで作りました。この辺まだ増えますからねえ。だって、大御所たちがまだ残ってるんだもん。
    わざわざ、ご丁寧に有難うございました。
    かたじけない。
    ko-todo (id:ko-todo)さんも、最近急に暑かったり寒かったりしています。気を付けてね。

  • お疲れ様でした_(._.)_
    資料には、目次が有った方が便利^^
    一度作れば、後は、追加するだけでいいしね^^
    でも…
    お体の無理にならないようにね。

コメントする

CAPTCHA


目次