画家ヴァン・ダイクの名が付いたレースとヒゲ(ヴァンダイク・ブラウンの項に追記しました)

ろうそくの芯を切る道具と「ろうそくの芯切り係」という職業

  • URLをコピーしました!

昔あった職業、ろうそくの芯切り係。使う鋏がちょっと変わっています。

18世紀末の芯切り係
18世紀末の芯切り係

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

ジェームズ・ギルレイのエッチング ”Lady Godina’s rout” 1796年

ジェームズ・ギルレイ( James Gillray, 1757年8月13日-1815年6月1日)

Lady Godina's rout; - or - Peeping-Tom spying out Pope-Joan 1796年
Lady Godina’s rout; – or – Peeping-Tom spying out Pope-Joan 1796年

引用元:ジェームズ・ギルレイのエッチング

風刺画で知られるイギリスの画家、ジェームズ・ギルレイのエッチングです。

ヴィクトリア朝時代に人気のあったカードゲーム「Pope-Joan」に興じる人々を描いていますが、中央にほぼバストが丸見えの女性がいます。

その彼女の後ろにいて、胸元?いえ、カードを覗き見してる男性(Peeping-Tom ピーピング・トム、のぞき屋)の、その手をご覧ください。

彼は何を持っているのでしょうか。

ろうそくの芯を切るハサミ

こういう道具です。

何やら蓋みたいなものが付いています…。

1830-1840年代のろうそく消し(芯切り鋏)  V&A 美術館蔵
1830-1840年代のろうそく消し(芯切り鋏)  V&A 美術館蔵

引用元:1830-1840年代のろうそく消し(芯切り鋏) VAwebteam CC-BY-SA-3.0-migrated

なんて優雅な鋏なのでしょうか。

実はこれ、蝋燭の芯をカットするためのものなのです。

芯切り鋏、蝋燭消しですね。

17世紀のろうそく消し フィンランド国立博物館蔵
17世紀のろうそく消し フィンランド国立博物館蔵

引用元:17世紀のろうそく消し Daderot  CC-Zero 

飯塚信雄氏の著書『ファッション史探検』の「シャンデリア」の項には、

十九世紀のロンドンでは、黄水仙が好まれた。コーンウォール半島の突端に近いシーリー諸島から早船でロンドンに送られてきた黄水仙は、室内の悪臭を防ぐために、なくてはならないものだったのだ。また、ガラス張りの温室ふうの室内は照明度こそ抜群のものだったが、乾いた、いやな匂いからまぬがれることはできなかった。
 十九世紀の前半、人々が照明に使っていた獣脂ろうそくというのは、不完全燃焼すると悪臭を放つので、上手に芯を切ることが子供に課せられた大切な役割だった。

飯塚信雄(著). 『ファッション史探検』. 新潮選書.

やがて蜜蜂の蝋を原料とする蜜蝋ろうそくが広まって行きますが、獣脂ろうそくと違い、ずっと高価なものだったそうです。

「蝋燭の芯切り係」という職業

昔実際にあった職業に、「蝋燭の芯切り係」というものがあります。

彼らの仕事場は、劇場でした。

照明に用いられる蝋燭の芯を、時間を見計らって切る

この作業は煤(すす)が出過ぎないようにするためで、上演中にも続けられる

ミヒャエラ・フィーザー(著). 吉田正彦(訳). 『西洋珍職業づくし - 数奇な稼業の物語 -』. 悠書館. p.103.

舞台上では、明かりを設置する際、壁に取り付けた松明が役者を見る際の邪魔になったり、蝋や液体が滴り落ちて役者が危険な目に遭ったりしないようにする必要がありました。

その後、舞台の床の前端に沿って一連の蝋燭を配置し、その光で俳優たちが下から照らされるようにと、照明が変わって行きます(参考:『西洋珍職業づくし - 数奇な稼業の物語 - 』)。

18世紀末の芯切り係
18世紀末の芯切り係

引用元:18世紀末の芯切り係

上演中に何度も芯を切って回るので、彼らも俳優のように衣裳を身に着けていました。

決して火を消してしまってはいけません。

消すと観客の怒りを買います。 罵倒されます。

ウィーンの宮廷劇場では、一回の上演で客席に火が灯された蝋燭が300本、舞台には500本。ヴェルサイユ宮では3,000本の蝋燭が使われていたそうです。

当時一般に使われていた蝋燭には、長く燃えればそれだけ芯も長くなるという癖があった。長くなった芯を「掃除する」、つまり切り詰めないと、すぐに煤が出、蝋がたれはじめた。これは劇場ばかりでなく、蝋燭で明かりをとるどの家庭にも当てはまる。およそ三十分ごとに誰かが芯の手入れをしなければならなかった。それを放っておくと、蝋燭はたいていが獣脂から造られていたので、悪臭を放ち、煤を出すいまいましい代物に化けてしまうのだった。

ミヒャエラ・フィーザー(著). 吉田正彦(訳). 『西洋珍職業づくし - 数奇な稼業の物語 -』. 悠書館. p.107.

1700年代後半、ウィーン

『ヨーゼフ2世とパルマ公女イサベラの結婚式。舞踏会ホールでの観劇』 1760年 マルティン・ファン・マイテンス

『ヨーゼフ2世とパルマ公女イサベラの結婚式。舞踏会ホールでの観劇』 1760年
『ヨーゼフ2世とパルマ公女イサベラの結婚式。舞踏会ホールでの観劇』 1760年 マルティン・ファン・マイテンス シェーンブルン宮殿

引用元:『ヨーゼフ2世とパルマ公女イサベラの結婚式。舞踏会ホールでの観劇』

マルティン・ファン・マイテンス( Martin van Meytens, メイテンスとも表記)1695年6月24日-1770年3月23日)による絵です。

中央に座るのはマリア・テレジアとフランツ・シュテファン夫妻。

彼らの息子であるヨーゼフ2世と、最初の妃パルマ公女イサベラとの『結婚式 舞踏会ホールでの観劇』の様子を描いたものですが、シャンデリアの豪華さに目を奪われますね。

入会式でのモーツァルト(1769年)

Initiation ceremony in Viennese Masonic Lodge, during reign of Joseph II 1789年
Initiation ceremony in Viennese Masonic Lodge, during reign of Joseph II 1789年

引用元:モーツアルトとエマーヌエル・シーカーネーダー

こちらはヨーゼフ2世の時代のモーツァルトを描いた絵。

最も右に座る人物がモーツアルトと言われています。

その隣には、俳優・脚本家・劇場支配人であるエマーヌエル・シーカーネーダー。

彼らの後ろに、蝋燭の近くでカーテンのロープを引いている人物が見えます。

随分蝋燭の火が近いように見えてしまって、こちらが心配になる程です。

「蝋燭の芯切り係」は、ガス・ランプが発明されるまで活躍していました。

 彼らは劇場での防火に対しても責任を負っていたということです。

上の絵は1789年とありますが、ガス・ランプの発明は1783年。

灯りの、主役交代の時期の頃なのでしょうね。

主な参考文献
  • ミヒャエラ・フィーザー(著). 吉田正彦(訳). 『西洋珍職業づくし - 数奇な稼業の物語 -』. 悠書館.
  • 飯塚信雄(著). 『ファッション史探検』. 新潮選書.
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次