イタリア統一運動の時代とフランチェスコ・アイエツの『接吻』『瞑想』 

  • URLをコピーしました!

フランチェスコ・アイエツの絵画『接吻』からイタリア統一運動を見ていきます。

『接吻』 1859年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
『接吻』 1859年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

フランチェスコ・アイエツの『接吻』( Il bacio )

とてもロマンティック、ドラマティックな絵画です。

「 Il bacio 」、英語では「 The Kiss 」です。

『接吻』 1859年 フランチェスコ・アイエツ

『接吻』 1859年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
『接吻』 1859年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

引用元:『接吻』(1859年)

女性の艶やかなシルクのドレス。

顔に添えられた男性の手。

接吻を受ける彼女の表情と、彼の体に回す手に目が行きますよね。

ひと気の無い石造りの階段での「逢引き」シーンですが、彼が階段にかけた足に慌ただしさを感じます。

女性の頭部にそえられた男の手。相手に体をあずけた女性の体が描く曲線。女性のドレスの、まばゆいばかりのシルクの光沢。本作品はそのドラマティックさと卓越した描写力のため、これまで映画や広告などで何度も再生産されてきた。当時のイタリア統一運動を背景に、このキスがイタリアとフランスの同盟を暗示するとの見方もある。

(『官能美術史』 池上英洋(著) 筑摩書房 P137)

この作品は、さして根拠はないものの、〈ロメオとジュリエット〉の愛称でも広く知られている。彼らの衣装が北イタリアの昔の男女を思わせるのか(かなり実際とは異なるが)、あるいは人目を盗んでの逢引き場面が、ヴェローナでの悲恋物語を想像させるのだろう。この逢引きが人目を忍ぶものであることは、場面が地下の薄暗い場所であることの他に、左奥の開口部に第三者の影らしきものが描かれていることによっても暗示されている。

(『官能美術史』 P139)

池上英洋氏は『恋する西洋美術史』(光文社新書)でも同様に述べておられますが、『美少女美術史』(ちくま学芸文庫)では「社会主義運動のシンボル」として「ジュリエッタ」を挙げ、このように仰っています。

ジュリエッタ(英語圏ではジュリエット)が社会主義運動のシンボルとなったのは、イタリアのロマン主義画家フランチェスコ・アイエツが〈キス〉(ミラノ、ブレラ美術館)でイタリアとフランスの同盟を男女のキスであらわし、さらにその男女がロメオとジュリエッタとみなされたからである。

池上英洋・荒井咲紀(著).2017.『美少女美術史 人々を惑わせる究極の美』.ちくま学芸文庫.筑摩書房.p.153

また、この絵には別ヴァージョンもあります。

『接吻』 1861年 フランチェスコ・アイエツ

『接吻』 1861年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
『接吻』 1861年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

引用元:『接吻』(1861年)

『接吻』 1867年 フランチェスコ・アイエツ

『接吻』 1867年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
『接吻』 1867年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

引用元:『接吻』(1867年)

三枚ともブレラ美術館に収蔵されていますが、アイエツは、1850年にブレラ美術館の館長に任命されています。

そのブレラ美術館の『接吻』の説明の中にこのようにあります。

ブレラ美術館の記事より

It proved an immediate and resounding success both for its patriotic values and for the medieval inspiration of the subject, typical of the Romantic taste of the time; the public was enthusiastic about the daring

kiss but also recognised the patriotic message enshrined in the colours: the red stockings, green lapel on the cloak and blue and white gown allude to the flags of Italy and France.

Hayez painted other versions of it, now in various European collections.

(ブレラ美術館の記事全文はこちらです)

前掲の『官能美術史』からの引用のなかに、「イタリアとフランスの同盟」との言葉が出て来ました。

上のブレラ美術館の解説によると、この絵の男性のストッキングの赤、外套の襟部分の緑、女性のガウンの青と白、これらの色がイタリアとフランスの国旗を意味するのだそうです。

愛国的なメッセージがそこには込められているようです。

『接吻』 1859年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
『接吻』 1859年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

引用元:『接吻』(1859年版 部分)_ Miguel Hermoso Cuesta _ CC-BY-SA-4.0

男性の外套の襟の色がちょっと見づらいですね。

イタリアの国旗(緑・白・赤)は、元々フランスの国旗(青・白・赤)を起源としています。

『接吻』で男性が身に着けているのが赤と緑、女性は青ですから、ここでは男性がイタリアを、女性がフランスを表していると読むことができます。

フランチェスコ・アイエツ( Francesco Hayez, 1791年2月10日-1882年2月11日)

フランチェスコ・アイエツは、ヴェネツィア出身の画家。

1810年から1814年にかけてローマで修行し、この頃ローマ留学中だったフランス新古典主義の画家ドミニク・アングルと出会っています。

その後アイエツはジョアシャン・ミュラに任命され、『アルキノオスの法廷にいるユリシーズ』制作のためにナポリに移りました。

池上英洋氏の『恋する西洋美術史』『官能美術史』、『禁断の西洋官能美術史』(別冊宝島)では、アイエツは「新古典主義」の画家となっていますが、『美少女美術史』では「ロマン主義」となっています。

ちなみに、Wikipediaでは後者に分類されています。(2021年現在)

ジョアシャン・ミュラ( Joachim Murat, 1767年3月25日-1815年10月13日)

この頃既にジェノヴァ共和国、旧トスカーナ大公国もナポレオンのフランス帝国の一部となり、ナポレオン・ボナパルトの妹婿であるミュラがナポリ王に就位します。

 こうして半島全域が名実とともにボナパルト王朝の領地となり、イタリアの解放も統一も独立も夢物語となった。イタリア経済はフランスに従属させられ、イタリア市民は徴兵されてナポレオンの戦場に引っ張り出された。トリーノのサヴォイア王家がサルデーニャ島に、ナポリのブルボン王家がシチリア島に、それぞれ逃れて辛うじて余喘よぜんを保ったが、それも地中海の制海権を握るイギリス艦隊の庇護によって初めて可能だったのである。

藤沢道郎(著). 2006-9-10. 『物語 イタリアの歴史 解体から統一まで』. 中公新書. p.288
ジョアシャン・ミュラ 1812年頃 フランソワ・ジェラール画
ジョアシャン・ミュラ 1812年頃 フランソワ・ジェラール画

引用元:ジョアシャン・ミュラ

ミュラはナポレオン・ボナパルトの側近で、1800年にナポレオンの妹カロリーヌと結婚。

1806年にベルク大公に、1808年にナポリ王となり、ジョアッキーノ1世を名乗ります。

騎兵としてはとても優秀だったようですが指揮官としては資質を欠いていました。

しかし権力への執着が非常に強く、次第にナポレオンとの間は不仲になっていきました。

1815年、ルイ18世の命により処刑されますが、その際伊達男で名高かった彼らしく、「顔は撃つな」でした。

この肖像画を描いたフランソワ・ジェラール(1770年5月4日-1837年1月11日)はフランスの新古典主義の画家です。

皇帝ナポレオン、レカミエ夫人の肖像画も手掛けています。

このブログでは『プシュケーとキューピッド』(1798年)を掲載しています。

ナポレオンは失策を重ね、ロシア遠征で大敗します。

囚われたエルバ島から脱出したナポレオンはワーテルローの戦いに臨みますが、これも大敗。

彼はセントヘレナ島に送られます。

イタリアではなおナポリ王ミュラが、独自の行動を企てて権力を保とうとしたが空しく、復辟したブルボン王家の軍に逮捕銃殺され、半島のナポレオン体制は完全に崩壊した。

藤沢道郎(著). 2006-9-10. 『物語 イタリアの歴史 解体から統一まで』. 中公新書. p.289.

軍隊に動員され多くの犠牲を出すなど、イタリアの払った犠牲は決して少なくありませんでしたが、ナポレオンの侵略はマイナスの面ばかりをもたらしたのでも無かったのです。

ナポレオンの意図がイタリア解放でなかったとしても、

彼の行動はこの国を隷属状態から解放するための刺激を与え、その土台を造ったのである。一口でいえば、それは政治・経済・文化の全分野での「近代化」の契機となった。

藤沢道郎(著). 2006-9-10. 『物語 イタリアの歴史 解体から統一まで』. 中公新書. p.290.

ナポレオンの失脚によって、亡命していた君主たちが返り咲きます。

「イタリア統一運動」へ

フランスに代わって支配権を握ったのはオーストリアでした。時の宰相はメッテルニヒです。

しかし、一部のイタリア人たちは18世紀の平和な眠りから目醒めてしまいました。

彼らは祖国の統一と独立を要求し、未だ眠っている多くのイタリア人たちの目を覚まそうとします。

この運動が後に「リソルジメント Risorgimento」、「覚醒」を意味するイタリア統一運動(1815年-1871年)に発展していきます。

フランチェスコ・アイエツの作品

『シチリアの晩鐘』( The Sicilian vespers ) 1846年

『シチリアの晩鐘』 1846年 フランチェスコ・アイエツ ローマ国立近代美術館蔵
『シチリアの晩鐘』 1846年 フランチェスコ・アイエツ ローマ国立近代美術館蔵

引用元:『シチリアの晩鐘』

1842年にミケーレ・アマーリ(1806年-1889年)が『シチリアの晩禱』を出版。

「オペラ王」ジュゼッペ・ヴェルディ(1813年-1901年)の同名のオペラの着想に影響を与えました。 (『「イタリア」誕生の物語』では「晩禱」と表記)

ヴェルディの『シチリアの晩鐘』の初演は1855年6月13日でした。

 ジュゼッペ・ヴェルディ〔1813-1901〕が『ナブッコ』を作曲したのは1842年のことである。その第三幕の「行け、わが想いよ」はオーストリア支配下のミラノにあって、「美しくも、失われた祖国」の再興をイタリア人に鼓舞するものであった。

彼は、1843年には異邦人支配からの解放のメタファーとして『十字軍のロンバルディア人』、1849年には祖国への愛を高らかに歌う『レニャーノの戦い』を作曲した。特に、後者は、第一次独立戦争直後であったことから、神聖ローマ帝国のドイツ人に対して「ロンバルディア同盟」が勝利をおさめた戦いを想起させ、オーストリアからの独立を鼓舞する意図が込められていた。

1854年には『シチリアの晩禱』を作曲している。それは1282年3月にシチリア島で起こったフランスのアンジュー家支配に対する反乱を扱ったものであり、異民族支配に抗して戦った愛国心を想起させ、それを鼓舞するものであったことは言うまでもない。

藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.p.143.

 歴史的な戦いを描いた絵画は、リソルジメントの記憶を固定するのに貢献した。フランチェスコ・アイエツ〔1791-1882〕が、1821年に続いて、再度同じテーマで『シチリアの晩禱』を描いたのは1844-1846年のことである。

藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.p.144.

『瞑想』(La Meditazione) 1850年

『瞑想』 1850年 フランチェスコ・アイエツ
『瞑想』 1850年 フランチェスコ・アイエツ

引用元:『瞑想』

『瞑想』(La Meditazione) 1851年

『瞑想』(La Meditazione) 1851年 個人蔵
『瞑想』 1851年 フランチェスコ・アイエツ 個人蔵

引用元:『瞑想』

1848年、ヨーロッパ各地で革命が起こり、やがてウィーン体制の崩壊を招くことになります。

同年ミラノでも、オーストリアの支配に対し、「ミラノの五日間」と呼ばれる事件が起きました。

第1次イタリア独立戦争の契機となる、ミラノ市民による反乱でした。

オーストリア軍は教会国家に一八五九年まで、トスカーナ大公国に一八五五年まで駐屯した。オーストリアが直接支配するロンバルド・ヴェネト王国では、ラデツキー将軍が行政と軍事の権力を一手に収めた。彼は革命の温床になるとしてパヴィア、パドヴァの両大学を一年間閉鎖したばかりでなく、公安秩序を乱すものに死刑を科す特別法を布告した。「ミラノの五日間」の蜂起に加担した貴族階層、富裕階層の人々には多大な罰金が科せられた。出版活動も厳しく制限され、多くの人々が亡命した。

藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.p.148.

『名画 絶世の美女 ヌード』(中経の文庫)では、アイエツの『瞑想』(1851年)が紹介されています。

その本には、 赤い字で『イタリアの歴史』と書かれており、

 アイエツは、この反乱とイタリア統一への思いを込め、悩める「イタリア」自体の寓意としてこの絵を提示したのです。

平松洋(著).2014.『名画 絶世の美女 ヌード』.中経の文庫. KADOKAWA.p.106

ちなみに、Wikipedia では英題は「Meditation on the History of Italy」(イタリアの歴史の瞑想)となっていました。

首相カミッロ・カヴールの肖像( Camillo Benso, conte di Cavour )

首相、カヴール伯爵カミッロ・ベンソ(1810年8月10日-1861年6月6日) 1864年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
首相、カヴール伯爵カミッロ・ベンソ(1810年8月10日-1861年6月6日) 1864年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

引用元:カヴール伯爵カミッロ・ベンソ

こちらもブレラ美術館の収蔵品ですね。制作年を見ると、亡くなってからのもののようです。

前首相ダゼーリョの肖像( Massimo d’Azeglio )

マッシモ・ダゼーリョ 1860年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
マッシモ・ダゼーリョ(1798年10月24日-1866年1月15日) 1860年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

引用元:マッシモ・ダゼーリョ

詩人にして上院議員アレッサンドロ・マンゾーニの肖像( Alessandro Manzoni )

アレッサンドロ・マンゾーニ(1785年3月7日-1873年5月22日) 1841年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵
アレッサンドロ・マンゾーニ(1785年3月7日-1873年5月22日) 1841年 フランチェスコ・アイエツ ブレラ美術館蔵

引用元:アレッサンドロ・マンゾーニ

マンゾーニの著作に『いいなづけ』があります。

サルディーニャ王国では、独立戦争敗北の責任を取り、カルロ・アルベルト王が退位。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世が国王として即位します。

新しい国王が最初に取り組まねばならなかったのはオーストリアとの講和条約であった。しかし、オーストリアとの徹底抗戦を主張する民主主義者が多数を占めた下院で、屈辱的な講和条約の批准が否決された。

講和条約の批准を下院で認めさせる難局を任されたのが、ピエモンテ人でありながら「頭脳と心がイタリア人」と言われたダゼーリョである。

藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.p.149.

 サルディーニャ王国で議会政治が定着したのはダゼーリョとカヴールの二人の政治家に負うている。両者は、決して国王に追従することなく、国王の気まぐれな政治介入をコントロールし、国王を統一のシンボルとして押し出し、イタリア王国の樹立へと導いた。

藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.p.150.

内閣が崩壊し首相の座から降りたダゼーリョは、後任としてカヴールを推薦します。

国王は反対しましたが、カヴール以上の適任者はいません。

1852年、カヴールは首相に就任し、以後外交による「イタリア統一戦争」を進めていきます。

カヴールには、サルディーニャ単独では、オーストリアに勝利しイタリア統一を達成することは困難であることはわかっていました。

そこで、クリミア戦争に参戦するなど国際社会におけるサルディーニャの地位向上に努めます。

1858年7月、フランスに太い人脈を持っていたカヴールは、フランスのナポレオン3世との間にプロンビエールの密約を結びます。

フランス北東部にあるプロンビエールでカヴールとナポレオン3世は会談し、密約を結んだのです。

ナポレオン3世(1808年4月20日-1873年1月9日) 1865年 アレクサンデル・カバネル 
ナポレオン3世(1808年4月20日-1873年1月9日) 1865年 アレクサンデル・カバネル

引用元:ナポレオン3世

ナポレオン3世は若い頃イタリア独立戦争に加わったことがあり、関心を保持していました。

カヴールは、対オーストリアの戦争にフランス軍を参戦させる約束を取り付けます。

そのフランスの軍事支援の見返りとして、サルディーニャ王国が飲まなければならなかった条件とは、

 一つは王家発祥の地サヴォイア(サヴォワ)とニッツァ(ニース)をフランスに割譲することである。もう一つは放蕩三昧の生活を送っていた中年男のナポレオン公ジェロームと十五歳になったばかりの信仰心の篤いサヴォイア王家の王女クロティルデの結婚である。非情なカヴールは、目的実現のためにはやむなしと、渋る国王に冷酷にも圧力をかけて、それらを承認させた。

藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.p.172. 

1859年1月、サルディーニャ王国とフランスは同盟協定を締結しました。

ここで、この記事の一番上の『接吻』の描かれた時期(1859年)がポイントになります。

同盟協定締結の前年の1858年7月に、カヴールとナポレオン3世は密約を結びました(プロンビエールの密約)。

秘密の会見なのですから、男女でいう「人目を忍ぶ逢瀬」ですね。

ですので、アイエツの『接吻』はイタリア(男性)とフランス(女性)が、他者には秘密の接吻(結び付き、密約)を交わしていると読むことができるのです。

1859年から1861年まで

1859年4月27日、サルディーニャとフランスの同盟軍の対オーストリア戦(第二次独立戦争)が始まります。

1860年、千人隊を率いたガリバルディが活躍。

そしてついに1861年3月17日、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世を国王とするイタリア王国成立を宣言します。

ここに「イタリア」は地理的名称から国家の名前となり、そのなかに住む人々はイタリア国民となった。

藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.p.203.

当時のイタリア王国旗です。

イタリア王国旗(1861年-1946年)
イタリア王国旗(1861年-1946年)

引用元:イタリア王国旗(1861年-1946年)

Wikipediaの記事より 

Wikipediaの記事では、この絵は Alfonso Maria Visconti di Saliceto(アルフォンソ・マリア・ヴィスコンティ・ディ・サリシュート伯爵)という人物の依頼によって描かれたとあります。

また、1861年版では女性の衣裳が白に変わっていることについては、この年にイタリア王国が成立していることからそのことを暗示していそうです(白は王国の旗の色)。

1869年版のふたりの足元には白い衣類が落ちており、男性の外套の内側には「イタリア」を象徴する色、はっきりした緑が使われています。

以前この『接吻』の背景に関してもっと知りたいと思い、Amazonなどで日本語または英語で書かれた書籍を探したのですが、どれもイタリア語のものばかりで一旦諦めました。

このブログでは様々な文化史関連「本」をご紹介したいという思いから、ある程度容易に入手できて、できれば日本語で、実際に比較するなどして読んでいただける「書籍(または電子書籍)」を取り上げていきたいと考えております。

今後も時に参考にすることはあっても、ネット上にある出典のわからないものは掲載を避けたいと思っておりますし、私のうろ覚え(「読んだんだけど何処に書いてあったか思い出せない」)である場合はその旨明記して参ります。

今回は画家がこの絵を繰り返し描いた理由などが書かれた書籍を見つけることができなかったので、「本ではないけれど、Wikipediaにこういう記事もあります」とご紹介させていただくことにしました。

もし論文等を目にしたら、こちらに追記したいと思っております。

編集時のコピぺのミス等も見付け次第直して参りますので、おかしな表現や訳、「勘違い?」など、なにか気がつかれた事柄が有りましたらお知らせくださると有り難いです。

最後までお付き合いくださって有難うございました。

主な参考文献
  • 池上英洋・荒井咲紀(著). 2017.『美少女美術史 人々を惑わせる究極の美』.ちくま学芸文庫.筑摩書房.
  • 『官能美術史』 池上英洋氏(著) 筑摩書房
  • 平松洋(著).2014.『名画 絶世の美女 ヌード』.中経の文庫. KADOKAWA.
  • 藤澤房俊(著).2012.『「イタリア」誕生の物語』.講談社選書メチエ.講談社.
  • 藤沢道郎(著). 2006-9-10. 『物語 イタリアの歴史 解体から統一まで』. 中公新書.
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (12件)

  • のんちゃん様、お忙しいなかコメントいただいたのに気が付くのが遅くて本当に申し訳ありませんでした。
    今回も読んでいただいて有難うございました。
    絵だけでも素敵なんだけどなあと思いながら、しかしここはやはり統一運動についても言及すべきかと思い直し、やってみたら長くなってしまいました。
    それでも読んでくださって感謝しかありません。
    有難うございました。

  • kira 様
    コメントを残してくださって有難うございました。
    違う世界とは、過去のイタリアでしょうか。
    そうだと良いのですが。

  • まーたる様
    ご感想、有難うございます!
    アイエツの『接吻』はとても有名ですから何処かで見覚えがおありではないかと思います。
    こうしてじっくり見ると、顔や手の表情、衣服の光沢など、とてもリアルだなと。
    密約の暗示云々より、ただひたすら素敵ですよね。物語を感じます。
    アイエツに関しては、まだもう数点ご紹介したい絵がありますので、またお付き合いいただけると嬉しいです。
    有難うございました。

  • 解説とともにゆっくり拝見させていただきました。歴史を司る絵画は素晴らしいですね!
    ありがとうございました🙏。

  • こんにちは❗️
    『接吻』の絵のなんて情熱的なんでしょう(*☻-☻*)
    男性の手の配置、女性の身体のライン、細部からもう愛が止まらない❗️って伝わってきました。
    本当に美しい絵ですね。
    『瞑想』の絵に差し掛かったとき、女性の眼があまりにもリアルで思わず前に戻っちゃいました( ̄◇ ̄;)
    魂が宿っているかのようです。
    射竦められてしまうようでちょっとビビリました〜
    ( ̄▽ ̄;)
    どの作品にも生命が宿っているように思います。
    素晴らしいです(*☻-☻*)

  • こんにちはー。
    アイエツは女性も大好きだったと聞いたことがあります(笑)。本当に衣服の表現が素敵ですよね。
    イタリアとフランスの歴史は難しいです。言語も似ていますし、風俗、習慣も影響が大きいし。特に領土の話は混乱します。
    アイエツの絵のいくつかは統一運動に絡むため、なるべく分かりやすくしようとしましたが、やはり難しく、しかも長くなってしまいました(汗)。読んでくださって有難うございました。お疲れ様でした。

  • こんにちはー。
    このアイエツさんの描く女性や衣服の描きかたが素晴らしいですね。
    イタリアとフランスは自分の中では何となく
    同一視しているところがあったので、歴史の
    勉強にもなりました!

  • そうですよね、シルクのドレスの(高そうな)光沢に、「上手だな」と思いますね。絵の技法も奥が深そうですね。
    『接吻』の男性の服は、ヴェルディのオペラの登場人物と同じと何かで読んだ気がするのですが、どれだったか思い出せません。schun 様、
    もしご存知だったら教えていただきたいのですが。よろしくお願い致します。

  • 青いドレスとその下の赤い洋服がとっても綺麗ですね。こんなにもしなやかに描けるものなんだって、びっくりしました。
    絵の技法も突き詰めていくと奥が深そうですね~。o(^o^)o

  • 蝶々様
    コメント有難うございます。
    込められた意味はどうあれ、青いドレスなど光沢も美しく素敵ですよね。
    『瞑想』の女性も美人でリアルだなあと思いますが、「なぜ脱ぐ必要が?」と思う自分もいます(笑)。

  • 色が鮮やかで生で見てみたいですね😍
    ヌードの女性は、今にも動き出しそうで少し怖かったです😣
    素晴らしい作品だらけですね🍀

コメントする

CAPTCHA


目次
TOP
目次
閉じる