画家ヴァン・ダイクの名が付いたレースとヒゲ(ヴァンダイク・ブラウンの項に追記しました)

忘れられない、アルノルト・ベックリンの『見棄てられたヴィーナス』

  • URLをコピーしました!

『死の島』で有名な19世紀スイス出身の画家、アルノルト・ベックリンの『見棄てられたヴィーナス』。だいぶ昔に日本に来たとき観た絵ですが、未だに忘れられない一枚です。

『見棄てられたヴィーナス』 1860年 アルノルト・ベックリン バーゼル美術館蔵
『見棄てられたヴィーナス』 1860年 アルノルト・ベックリン バーゼル美術館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

『見棄てられたヴィーナス』( Die verlassene Venus ) 1860年 アルノルト・ベックリン

『見棄てられたヴィーナス』 1860年 アルノルト・ベックリン バーゼル美術館蔵
『見棄てられたヴィーナス』 1860年 アルノルト・ベックリン バーゼル美術館蔵

引用元:WIKIART_”Abandoned Venus(見棄てられたヴィーナス)”

英語のタイトルは”Abandoned Venus”です。

昔日本に来た時実物を観る機会がありました。

その時のメインの呼び物は『死の島』でしたが、私がとても気になったのはこの絵でした。

確か、絵葉書にもなってませんでしたね。あったら買ったのに。

絵はどこか退廃的で、淋しげな感じです。

存在を忘れられ、手入れもされず、生い茂る木々の中に立つ愛と美の女神・ヴィーナスの彫像。

背景の緑と融け合って、とても幻想的な雰囲気を醸し出しています。

薔薇はヴィーナスの持物(アトリビュート)ですが、像を覆い隠そうとするような薔薇が、まるで冠のようですね。

「ヴィーナス」が「見棄てられた」ということは、どこかで誰かの愛がひとつ終わったということを暗示しているのでしょうか。

アルノルト・ベックリン展(1987年)
アルノルト・ベックリン展(1987年)

アルノルト・ベックリン( Arnold Böcklin, 1827年10月16日-1901年1月16日)

1873年の自画像 アルノルト・ベックリン ハンブルク美術館蔵
1873年の自画像 アルノルト・ベックリン ハンブルク美術館蔵

引用元:1873年の自画像

『死の島』(第1ヴァージョン) 1880年 アルノルト・ベックリン バーゼル美術館蔵
『死の島』(第1ヴァージョン) 1880年 アルノルト・ベックリン バーゼル美術館蔵

引用元:『死の島』(第1ヴァージョン)

19世紀、スイス出身のアルノルト・ベックリン(べックリーンとも表記)は、象徴主義、世紀末芸術を代表する画家です。

『死の島』が大変有名ですが、同じ主題で複数枚の絵が存在します。

『ペスト』『ヴァイオリンを弾く死神のいる自画像』など、他にも強く「死」を連想させる絵や、人魚やケンタウロスなどのちょっとブキミな人外を描いています。

よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次