サンダルを脱ぐ「ビキニのウェヌス」

  • URLをコピーしました!
 ※当ブログのリンクには広告が含まれています。
 ※画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただくと元のファイルをご覧になることができます。

水に入る前にサンダルを脱ごうとするヴィーナス(ヴェヌス)。金色のビキニを着ています。

『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” ) 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” ) 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
目次

『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” )

『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” ) 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
『ビキニのウェヌス』 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵

引用元:『ビキニのウェヌス』

ナポリ国立考古学博物館:Statuette of “Venus in a bikini”

あっ、古代の女神像がビキニ着てる!と、ちょっと不思議な気がします。

モダン? 全裸よりエロティック? いや、もしかして衣装の塗料が剥げた、その痕が残っててビキニに見えるだけ?

様々な考えが脳内を駆け巡ります…。

ローマ神話のヴェヌスは、ギリシャ神話のアフロディテ(アプロディテ)に当たり、英語では「ヴィーナス」と表記されます。

オリジナルはヘレニズム時代、こちらはローマ時代のコピーです。

女神像は大理石で作られており、目は練りガラスだそうです。

耳にはピアスの穴がありますが、イヤリングは失われています。(見たかったですね。残念。)

『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” ) 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
『ビキニのウェヌス』 ナポリ国立考古学博物館蔵

引用元:『ビキニのウェヌス』 CC-BY-SA-2.0 ho visto nina volare

「ビキニ!」の衝撃が去った後じっくり見てみると、衣装のデザインがすごく凝っていることに気付きます。

『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” ) 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
『ビキニのウェヌス』 ナポリ国立考古学博物館蔵

引用元:『ビキニのウェヌス』

女神は沐浴のため、履き物を脱ごうとしているところ。

足元には小さなクピドがいて、サンダルの底に手を当てています。

『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” ) 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
『ビキニのウェヌス』 ナポリ国立考古学博物館蔵

引用元:『ビキニのウェヌス』

女神は欠損した左腕を裸の男性像の上に置いています。

『ビキニのウェヌス』( Statuette of “Venus in a bikini” ) 大理石 前1世紀~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
『ビキニのウェヌス』 ナポリ国立考古学博物館蔵

引用元:『ビキニのウェヌス』 CC-BY-SA-2.0 ho visto nina volare

髭を生やした男性像は、豊穣を司る神プリアポス(英語表記で Priapus 、プリアプス)。

クピド同様アフロディテの息子で、髭と大きな陰茎が特徴です。

このプリアポスの陰茎周辺にも、ウェヌスのビキニや首周りと同じく金彩が施されています。

『特別展 ポンペイ』(2022年 東京国立博物館)より『ビキニのウェヌス』 筆者撮影
『特別展 ポンペイ』(2022年 東京国立博物館)より『ビキニのウェヌス』 筆者撮影

「ビキニのヴェヌスの家」

『ビキニのウェヌス』像は、79年のヴェスヴィオ火山の噴火で灰に埋もれてしまった家から発見されました。

1913年に発掘されたこの家は、最初「マクシムスの家」と呼ばれていましたが、1952年から1954年にかけて行われた調査でビキニの女神像が発見されたことから、「ビキニのヴェヌスの家」と呼ばれます。

『特別展 ポンペイ』(2022年)の図録によれば、「彫像はアトリウムのインプルウィウム後方の、つくりつけの直方体の支柱の上で発見された。」とのことです。

『ビキニのヴェヌス』の家

アトリウムについて

インプルウィウムについて

『小像(サンダルの紐を解くヴィーナス)』 1世紀 ルーヴル美術館蔵

『小像(サンダルの紐を解くヴィーナス)』 1世紀 ルーヴル美術館蔵
『小像(サンダルの紐を解くヴィーナス)』 1世紀 ルーヴル美術館蔵

引用元:『サンダルの紐を解くヴィーナス』 Shonagon CC-Zero CC-BY-SA-4.0

ルーヴル美術館:statuette, ( MND 2333 ; Br 4417.1 )

同じポーズの像は他の美術館にもあり、ルーヴル美術館収蔵のこの小像はブロンズ製。

金の腕輪がステキ。

彫像の写真が多く、とても勉強になる一冊だと思います。

こちらは名画

「特別展 ポンペイ」で展示されていたパンの写真も掲載しています

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次