画家ヴァン・ダイクの名が付いたレースとヒゲ(ヴァンダイク・ブラウンの項に追記しました)

フラゴナールが描く花束と手紙を持つ女性『ラヴ・レター』

  • URLをコピーしました!

軽やかで官能的なロココ絵画の最後を飾る画家フラゴナール。代表作である『ぶらんこ』がよく知られていますが、今回は、柔らかな光に満ちた室内で微笑む、メトロポリタン美術館のカワイイ女性の絵をご紹介します。

『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter) 83.2 x 67 cm 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール メトロポリタン美術館蔵
『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter) 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール メトロポリタン美術館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

『ラヴ・レター(『恋文』)』( The Love Letter ) 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール

『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter) 83.2 x 67 cm 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール メトロポリタン美術館蔵
『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter) 83.2 x 67 cm 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール メトロポリタン美術館蔵

引用元:『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter)

メトロポリタン美術館の解説(日本語版)はこちら です。

花束と手紙を手に、こちらを見ながら微笑む女性。

モデルが特定されていないので、この絵画は肖像画というより「風俗画」に分類されることが多いようです。

柔らかな光のなかに浮かぶドレスやヘアキャップが、ロココ時代の甘やかな雰囲気を伝えてくれますよね。

女性の頬の色が「恋の予感」「意中のひとからの恋文」に上気して染まる頬であったら更にロマンティックなのですが、このロココ期のお化粧の特徴のひとつに、「濃い目の頬紅」があります。

口紅もつけているようですから、やっぱりお化粧の方でしょうね。

『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter) 83.2 x 67 cm 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール メトロポリタン美術館蔵
『ラヴ・レター(『恋文』)』 ジャン・オノレ・フラゴナール

フラゴナールの作品は、テーマによって雰囲気がずいぶん異なります。

ぱっと見ると、同じ画家のものだと思えないほどです。

この作品では柔らかい光と、暗部の「茶色」が非常に印象に残ります。

見方によっては、褐色がシブいツヤ消しの金色にも見えてきませんか?

メトロポリタン美術館の解説によると、

全体を褐色に塗ったキャンバスに、暗褐色で構図を決め、筆先や異なる太さの筆遣いで線描や立体感を表しています。褐色以外の色と白の使用は、化粧をした若い女性の顔、ドレスと帽子、机、腰掛、花、犬など、作品の中心の明るい光が当たっている部分に限られています。

メトロポリタン美術館の解説 一部抜粋

とあります。

影の部分が暗くないせいで、全体が軽やかで華やかな雰囲気なのでしょう。

『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter) 83.2 x 67 cm 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール メトロポリタン美術館蔵
『ラヴ・レター(『恋文』)』 ジャン・オノレ・フラゴナール

ちなみに、女性が手にしているカードの文字は判読できないそうです。

それも鑑賞者の想像をかき立てますよね。

『ラヴ・レター(『恋文』)』(The Love Letter) 83.2 x 67 cm 1770年代 ジャン・オノレ・フラゴナール メトロポリタン美術館蔵
『ラヴ・レター(『恋文』)』 ジャン・オノレ・フラゴナール
『ラヴ・レター』を書籍で観たいなら

『メトロポリタン美術館ガイド 日本語版』(エリクセン・トランスレーションズ・インク (監修) ミュージアム図書)は分厚いガイドブックですが、おススメの一冊です。

掲載された作品の中から、『ラヴ・レター』以外にもたくさんのお気に入りが見つかること請け合いです。

ただ、持って見るのは結構重いので、もう少し気軽で厚くない書籍がご希望なら、官能美術特集の『禁断の西洋官能美術史』をどうぞ。

画像をクリックすると Amazonのサイトに移動します。

メトロポリタン美術館ガイド 『禁断の西洋官能美術史』 別冊宝島

ジャン・オノレ・フラゴナール( Jean Honoré Fragonard, 1732年4月5日-1806年8月22日)

ジャン・オノレ・フラゴナール 1760年-1770年頃の自画像 Villa musée Fragonard蔵
ジャン・オノレ・フラゴナール 1760年-1770年頃の自画像 Villa musée Fragonard蔵

引用元:ジャン・オノレ・フラゴナール 1760年-1770年頃の自画像

フランスのロココ美術を代表する画家です。

ブーシェやシャルダンに学び、ロココ文化の時代の最後を飾りました。

『ぶらんこ』 1768年頃 ジャン・オノレ・フラゴナール ウォレス・コレクション蔵
『ぶらんこ』 1768年頃 ジャン・オノレ・フラゴナール ウォレス・コレクション蔵

引用元:『ぶらんこ』

ロココの絵画って言ったらやっぱコレだねと思う、『ぶらんこ』です。

主な参考文献
  • メトロポリタン美術館ガイド 日本語版 エリクセン・トランスレーションズ・インク (監修) ミュージアム図書
  • 『禁断の西洋官能美術史』 別冊宝島
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次