画家ヴァン・ダイクの名が付いたレースとヒゲ(ヴァンダイク・ブラウンの項に追記しました)

『吸血鬼カーミラ』の中の飲み物 チョコレート

  • URLをコピーしました!

平井呈一氏の格調高い翻訳が堪能できる、レ・ファニュの『吸血鬼カーミラ』(Carmilla) (創元推理文庫)。 

ある令嬢の、19歳の時に起きた出来事を回想する手記形式の物語です。

D・H・フリストンによる挿絵 1872年
D・H・フリストンによる挿絵 1872年

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

小説『吸血鬼カーミラ』で飲まれるもの

D・H・フリストンによる挿絵 1872年
D・H・フリストンによる挿絵 1872年

引用元:D・H・フリストンによる挿絵

幼い頃、ひとり眠る寝室に現れた美しい女性。

その女性はその場から消えてしまいますが、主人公の心に不安の影を落とします。

その彼女とうり二つの美少女カーミラとの出会い。

まるで恋情のような友情を示すカーミラに、主人公は次第に魅入られて行きます。

同じ頃近隣の村で起こる異変の数々や、不可解なカーミラの行動…。

彼女の正体は「吸血鬼」でした。

吸血鬼が特定の人たちに、しだいに激しく取り付いていくのは、恋情によく似ております。いったんこうと思いさだめた目当てのものには、たとえどんな邪魔が起ころうと、じつに執念ぶかい忍耐と計略をもって追いかけてまいるのです。思いを果たすまで、舌なめずりして、自分が求める犠牲者の命を吸いとってしまうまでは、けっして止めません。そのくせ、そういうばあいには、大牢の美味をいやが上にもおいしくするために、殺人のたのしみをなるべく先へのばして、巧妙な口説きの手でそろりそろりと近づきながら、よけいたのしみを大きくするのでございます。そういう時には、へんに同情とか同意みたいなものを求めるふうをいたします。

レ・ファニュ(著).平井呈一(訳).『吸血鬼カーミラ』.創元推理文庫.

 …こわい。

始終血しぶきが飛ぶとか、ゾンビ集団に追いかけ回されるのではありませんが、じわじわ来ます。 

主人公は、スチリア(第一次欧州戦争以前にあった、オーストリアの州)の城にイギリス人の父親と住んでいます。

物語中、何度かお茶やコーヒー、チョコレートを飲む場面が出てきますが、屋敷の中でのティータイムについて、令嬢はこう述べています。

気づまりするほど物々しい部屋ではなく、お国ぶりの懐かしさにいつもここでみんなしてお茶をいただくのです。
父はイギリスの飲みものは、本来はコーヒーかチョコレートを出すのがほんとうだといつも申しておりました。

レ・ファニュ(著).平井呈一(訳).『吸血鬼カーミラ』.創元推理文庫.

イギリスといえば紅茶、と単純に思ってしまいましたが、主人公の父上の、「本来はコーヒーかチョコレートを出すのがほんとう」とは( ゚Д゚)

『吸血鬼カーミラ』 レ・ファニュ(著).平井呈一(訳) 創元推理文庫

何度読んでも飽きない耽美な怖さ。何より和訳が好きです。お読みでないならぜひ。現代のホラーとは比べ物にならない格調の高さ、美学があると思います。

健康に良いとされた、エキゾチックな飲みものチョコレート。

チョコレートはコーヒーとほとんど同じ時期にイングランドに入ってきました。

フランスでは一般に受け入れられるのに時間がかかりましたが、

イングランドでは少なくとも一時は、富裕層はコーヒーよりチョコレートを好んだ。その理由のいくぶんかは、おそらくチョコレートの方が高価だったからである。

レイ・タナヒル(著). 栗山節子(訳). 2008-11-25. 『美食のギャラリー』. 八坂書房. pp. 177-178.

富裕層の人々は好んでチョコレートを飲んでいたのですね。

18世紀英国でのチョコレート

イギリスにチョコレートが入って来たのは17世紀のことでした。

ロンドンの「チョコレート・ハウス」で飲み物として売り出されたのです。

ほぼ同じ頃、茶やコーヒーも「舶来飲料」として入って来ましたが、この中で最初に人気飲料から脱落したのがチョコレートでした。

一七〇二年、ロンドンにはコーヒー・ハウスが一説では三〇〇〇店もあったといわれるのに、チョコレート・ハウスは僅か五件しかなかった。おまけにチョコレートは一杯二ペンスで、コーヒーやティの値段のちょうど二倍もした。文芸評論家アディソンは、流行を追う当代の御婦人方は毎朝ベッドでチョコレートを飲んでいる、とのべていたが、中産階級以下の人びとのあいだには、値段が高いこともあって拡がらなかった。 

角山栄(著). 2008-11-25.『茶の世界史-緑茶の文化と紅茶の世界』. 中公新書. p.71.

値段が高価であることに加えて、1727年、ジャマイカをはじめ西インド諸島をハリケーンが襲い、イギリス領のココアが全滅します。

その結果、チョコレートが脱落。

コーヒー、茶が 残る一因となりました。

『吸血鬼カーミラ』が書かれたのは、1871年頃。

「イギリス=紅茶」が定着するまでに、様々な変遷があったようです。

上流階級の御婦人はベッドの中でチョコレートを飲む

『朝のチョコレート』( La cioccolata del mattino ) 1775年-1780年 ピエトロ・ロンギ カ・レッツォーニコ

『朝のチョコレート』( La cioccolata del mattino ) 1775年-1780年 ピエトロ・ロンギ カ・レッツォーニコ
『朝のチョコレート』 1775年-1780年 ピエトロ・ロンギ カ・レッツォーニコ

引用元:『朝のチョコレート』

上は風俗画を多く描いたイタリアの画家、ピエトロ・ロンギ( Pietro Longhi, 1701年11月5日頃-1785年5月8日)の絵です。

毎晩社交で遅い奥様、朝は滋養のあるホット・チョコレートをいただきます。

赤い上着の男性の前には軽食(?)も置かれているようですね。

『朝のチョコレート』( La cioccolata del mattino ) 1775年-1780年 ピエトロ・ロンギ カ・レッツォーニコ
『朝のチョコレート』 カ・レッツォーニコ

先程、「流行を追う当代の御婦人方は毎朝ベッドでチョコレートを飲んでいる」と書きましたが、18世紀のフランスでは、貴婦人はご機嫌伺いにやってくる恋人や取り巻きをベッドでお出迎えしていました。

いわゆる「新世界」からヨーロッパにもち込まれたチョコレートですが、最初、その位置づけは嗜好品ではなく薬でした。

そこに富の象徴でもあった砂糖を入れて飲みやすくし、スペイン、イタリアを経て、フランスに拡がります。

1660年、ルイ14世と結婚したスペイン王女が輿入れの際、ココアを携えてやって来たのです。

その後の18世紀のフランス上流社会では、

ホットチョコレートを飲むために招待されることは名誉なこととされていました。この会はたいてい午前十時ごろに開かれていましたが、なんと招いた主人はベッドにはいったままだったのです!

クロエ ドゥートレ・ルーセル(著).宮本 清夏・ボーモント 愛子・松浦 有里(訳).2009.『チョコレート・バイブル 人生を変える「一枚」を求めて』.青志社.

きっと、寝間着もいつもファッショナブル。

翌朝即お客様をお迎えできる素敵なものを着て寝ていたのでしょうね。

…それだと寝た気がしませんね。

主な参考文献
  • 角山栄(著). 2008-11-25.『茶の世界史-緑茶の文化と紅茶の世界』. 中公新書.
  • レ・ファニュ(著).平井呈一(訳).『吸血鬼カーミラ』.創元推理文庫.
  • 角山 榮 ・川北 稔 (編).1982.『路地裏の大英帝国―イギリス都市生活史』.平凡社.
  • クロエ ドゥートレ・ルーセル(著).宮本 清夏・ボーモント 愛子・松浦 有里(訳).2009.『チョコレート・バイブル 人生を変える「一枚」を求めて』.青志社.
  • レイ・タナヒル(著). 栗山節子(訳). 2008-11-25. 『美食のギャラリー』. 八坂書房.
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次