レンブラントの2作品『パラス・アテナ』『甲冑の男』

  • URLをコピーしました!

物語性も感じさせる『パラス・アテナ』ですが、この絵は『アレクサンダー大王』を描いたものとされることもあります。今回はレンブラントの傑作『アリストテレス』『ホメロス』他、『甲冑の男』、『聖マタイと天使』と一緒にご紹介します。

『パラス・アテナ』 レンブラント 1664年-1665年 グルベンキアン美術館蔵
『パラス・アテナ』 レンブラント 1664年-1665年 グルベンキアン美術館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

『パラス・アテナ』( Pallas Athena ) 1664年-1665年 レンブラント・ファン・レイン グルベンキアン美術館蔵

『パラス・アテナ』( Pallas Athena ) 1664年-1665年 レンブラント・ファン・レイン グルベンキアン美術館蔵
『パラス・アテナ』 1664年-1665年 レンブラント・ファン・レイン グルベンキアン美術館蔵

引用元:『パラス・アテナ』

オランダ出身の巨匠、レンブラント(に帰属)の『パラス・アテナ』です。

緋色の飾りの付いたコリント式兜を被り、手には槍と盾を持っています。手袋もしているようですね。

武具の光沢が実に美しいですね。

巻き毛がこぼれていますが、若い男性の様にも見えます。

アテナは大神ゼウスの娘です。

ゼウスは女神ヘラと結婚する前に、女神メティスと結婚していました。

しかし、「メティスが産む男の子は、ゼウスの王位を奪う」との信託に、ゼウスは妊娠したメティスを呑み込んでしまいます。

ある日、激しい頭痛に苦しむゼウスはヘパイストスに命じ、自らの斧で頭を割らせます。

すると、黄金の鎧と兜をつけた女神アテナが飛び出してきました。

ゼウスによって飲み込まれた筈の胎児(アテナ)は、ゼウスの頭に移動して成長していたのです。(参考:『名画の読解力』. 田中久美子(監修). エムディエヌコーポレーション. p.211.) 

という、自分の子を妊娠した妻を飲み込む・飲み込まれても頭に移動して育つ・斧で自分の頭を割らせる・着衣した状態で頭から飛び出す(しかも武装)、非常に壮絶な神様たちとその出生。

現在編集中です。

よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 石山藤子 (id:genjienjoy)様
    連日の夜勤で返信遅くなってしまいました。申し訳ありません。
    コメント有難うございました。
    『パラス・アテナ』、カッコいいですよね。中性的で、男か女かほんとのところは判らない…。
    でも素敵。
    同じ想いで良かった(≧◇≦)
    神話は大体びっくり仰天エピソード満載ですよね。日本の神話だって、出産時に大火傷、って怖すぎです。
    今回も読んで下さって有難うございました。

  • 森下礼 (id:iirei)様
    ハイ、段々女神の口元が青く見えて来ましたよ(笑)
    レンブラントの絵が焼けてしまったなんて勿体さなすぎます。実は「パラス・アテナ」が『アレクサンダー大王』だったという結論でもいいので、残っていて欲しいです。
    書き損じでも未完成でもいい、私もレンブラント1枚欲しい…。アリストテレスや自画像の、あの重厚な、内省に向かう眼差しが、差し込む真理のような光がとても好きです。
    興味のないひとから見れば、「壁に老人の絵を掛けて何が楽しいのか」と思われそうですが。
    今回も読んで下さって有難うございました。

  • schun (id:schunchi2007)様
    コメント有難うございます。返信遅くなって申し訳ありません。
    ニケの実物大のレプリカ(゚д゚)!!!!
    みったーい!!!
    レンブラントの光、色調は画家の内面を表していそうですよね。複雑にして厳か。レンブラントは全てが素晴らしいです。
    今回も読んで下さって有難うございました。

  • は~、パラス・アテナ凛々しく格好いい…
    彼女が誕生した神話は知っていましたが、
    改めて読んでみるとハチャメチャですね😅
    妻を飲み込んでしまうとか、胎児が頭に移動するとか…
    日本神話でも、子どもが天の神の子か確かめるために
    炎の中で妻が出産する話とかあります。
    どこの国でも、神話ってハチャメチャなのかも😅

  • 最初に出てくる「パラス・アテナ」には、口の上になにやら青いものが見えるのですが(つまりヒゲの剃りあと)、これこそ失われた「アレクサンダー」のようにも見えます。(←珍解釈)。
    それにしても、今回貴ブログのレンブラントは、充実していますね。むかし芥川龍之介が言った「絵は大きければよいのではない、私はミケランジェロの”最後の審判”より、レンブラントの”自画像”を、より愛している。」(大意)・・・を、思い出しました。

  • こんばんは。
    レンブラントの光ってホントに光っている感じですよね。
    鎧の光かたもすごいo(^o^)o。聖マタイの髪の毛もo(^o^)o。
    こういう光方ってどうやって描かれるのかホント不思議です。
    ニケの像を見て大学に昔実物大のレプリカがあったなぁ~なんて思い出しました。(笑)。

コメントする

CAPTCHA


目次
TOP
目次
閉じる