ファッショナブルな衣裳の「メケトレの墓の副葬品」女性像

  • URLをコピーしました!

すらりとした肢体に、タイトなロング・ドレス。

手首や足首にはアクセサリーをしているこの美女の像は、古代エジプトの高官のお墓の副葬品でした。

この女性の正体は単なる召使いではなく、「半ば女神のような存在として作られた」と考えられています。

女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵
女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

女性像 古代エジプト中王国時代

女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵
女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵

引用元:女性像 CC-Zero

この女性像のメトロポリタン美術館の解説(日本語版)はこちら です。

紀元前1981年-前1975年頃に作られた、メトロポリタン美術館の所蔵品である女性像。

木製で、像の高さは112㎝あります。

テーベにある、宮殿の管財長をしていたメケトレ( Meketre )氏のお墓のために作られたものです。

(メトロポリタン美術館サイトの解説では、「メケトラー」となっています)

女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵
女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵

引用元:女性像 CC-Zero

女性は頭に食物の入ったカゴを載せ、片手に鳥を持っています。

このことから、この女性は「召使い」と思ってしまいそう。

しかし、ただの召使いにしては、とてもファッショナブルな衣装、そしてアクセサリーですよね。

女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵
女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵

引用元:反対側から CC-Zero

メトロポリタン美術館による解説には、「宝飾品と羽付きの衣装から、この女性は単なる召使いではなく、死者を守る女神イシスとネフティスに通じる役目を担った、半ば女神のような存在として作られたと考えられます。」とあります。

普通の召使いではないと考えれば、その衣裳の素敵さに納得ですね。

女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵
女性像(メケトレの墓の副葬品) 中王国時代 第12王朝 メトロポリタン美術館蔵

引用元:正面 CC-Zero

メケトレの墓の副葬品 メトロポリタン美術館蔵
メケトレの墓の副葬品 メトロポリタン美術館蔵

引用元:メケトレの墓の出土品 メトロポリタン美術館蔵 CC-Zero

この副葬品のメトロポリタン美術館の解説はこちら です。

こちらも同じメケトレさんのお墓の副葬品です。

お酒の瓶、香炉、リネン、パンや鳥(ガチョウまたはアヒル)などの供物を運んでいます。

服装、アクセサリーなどの装飾を見ても、女性の衣裳と少し違っていますよね。

下はパンを焼いたり、ビールを造っているところの模型です。

パン焼き、ビール造りの場面(メケトレの墓の副葬品) 第12王朝(中王国時代) メトロポリタン美術館蔵
パン焼き、ビール造りの場面(メケトレの墓の副葬品) 第12王朝(中王国時代) メトロポリタン美術館蔵

引用元:メケトレの墓の出土品  CC-Zero

この模型のメトロポリタン美術館の解説はこちらです。

『メトロポリタン美術館ガイド 日本語版』

この書籍は、とても重たい大型本です。

しかし、実際にメトロポリタン美術館を訪れる前には一読されることを強くおすすめします。

行きたくても今は行けないなと思っていらっしゃる方、この本はとても見応えがあります。

一瞬ほんとに現地に行った気になれますよ。

人類ってスゴイな、と思う収蔵品の数々が、あなたを遠い過去の世界に連れて行ってくれます。

画像をクリックすると Amazonのサイトに移動します。

メトロポリタン美術館ガイド

カイロのエジプト考古学博物館の女性像

エジプト考古学博物館には、この女性像と対になる彫像があります。

エジプト考古学博物館にある女性像
エジプト考古学博物館にある女性像

引用元:女性像(エジプト考古学博物館) CC-BY-SA-3.0-migrated

こちらの像の説明はWikipediaでは「第11王朝」となっていますが、同じメケトレ氏のお墓の副葬品でありますし、ここはメトロポリタン美術館の像の解説にある「アメンエムハト1世治世初期「第12王朝」」を取りたいと思います。

よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
TOP
目次
閉じる