身をよじるヴィーナスの彫刻『うずくまるヴィーナス』

  • URLをコピーしました!

ローマ時代に模刻された、うずくまるヴィーナスの像。

ルーヴル美術館や大英博物館、エルミタージュ美術館など、各地の美術館に収められています。

『うずくまるヴィーナス』 紀元前3世紀中頃-後期 ローマン・コピー ローマ国立博物館蔵
『うずくまるヴィーナス』 紀元前3世紀中頃-後期 ローマン・コピー ローマ国立博物館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

『うずくまるヴィーナス』

『うずくまるヴィーナス』 ローマ国立博物館蔵

『うずくまるヴィーナス』 紀元前3世紀中頃-後期 ローマン・コピー ローマ国立博物館蔵
『うずくまるヴィーナス』 紀元前3世紀中頃-後期 ローマン・コピー ローマ国立博物館蔵

引用元:『うずくまるヴィーナス』 Miguel Hermoso Cuesta CC-BY-SA-3.0 

このなめらかなむっちり感が感動的、魅力的なヴィーナス像。

彫刻家ドイダルサスの作とされていたが事実は不明。身体や顔の向きが異なるさまざまな複製があり、大英博物館やルーブル美術館にも同じタイプのヴィーナス像が所蔵されている。複製にはクピドを伴うものもある。

『pen 2015 No.528 』. p.55.

1914年、ハドリアヌス帝のディヴォリの別荘から出土しました。

ドイダルサス(Doidalsas)とは、紀元前250年頃に活躍したギリシアの彫刻家です。

ローマ時代に同じようなポーズの模刻が多く作られています。

『うずくまるヴィーナス』 ルーヴル美術館蔵

『うずくまるヴィーナス』 1世紀-2世紀頃 ルーヴル美術館蔵
『うずくまるヴィーナス』 1世紀-2世紀頃 ルーヴル美術館蔵

引用元:『うずくまるヴィーナス』 Carole Raddato CC-BY-SA-2.0

こちらはルーヴル美術館に在る『うずくまるヴィーナス』像です。フランスのイゼール県ヴィエンヌ街の、サント・コロンブの浴場で出土しました。

ルーヴル美術館の日本語の解説ページでは『うずくまるアフロディーテ』となっており、「この女神は、時にはアムルに付き添われている。サント・コロンブのヴィーナスは、前3世紀におそらくビテュニアのドイダルセスにより制作された、あるうずくまるアフロディーテを表現した、多くの古代の複製品のうちのひとつである。」とあります。

アムル(またはアムール)は、「エロス」の名でも親しまれる、愛の矢を放ついたずら好きの神様ですよね。

そのアムルに付き添われている、という証拠?がこちらの背面図。

『うずくまるヴィーナス』 1世紀-2世紀頃 ルーヴル美術館蔵
『うずくまるヴィーナス』 1世紀-2世紀頃 ルーヴル美術館蔵

引用元:『うずくまるヴィーナス』(背中) FASTILY CC-BY-SA-3.0,2.5,2.0,1.0

手形、どころか手そのものじゃん!( ゚Д゚)

ルーヴル美術館の解説(日本語版)では、「この女神は、身をかがめ、おそらく項に水をかけるため右手腕を左肩の方に寄せ、左腕は膝に置いた姿で、見繕いをしている瞬間を捉えられている。」とあります。

両手を胸の前にあげ、顔は、後ろで戯れるエロスの方にふり向けていた。両足は後補。ローマ時代の模刻で、オリジナルは紀元前三世紀の中頃に活躍した彫刻家ドイダルサスの作と考えられている。フランスのヴィエンヌ出土。大理石製。高さ97センチ。

日本放送出版協会. 『NHK ルーブル美術館 Ⅱ』. p.67.

『うずくまるヴィーナス』(腕あり)

『うずくまるヴィーナス(レリーのヴィーナス)』 大英博物館蔵

『レリーのヴィーナス』(アフロディテ) 2世紀頃のローマン・コピー 大英博物館蔵
『レリーのヴィーナス』(アフロディテ) 2世紀頃のローマン・コピー 大英博物館蔵

引用元:『レリーのヴィーナス』(アフロディテ) Marie-Lan Nguyen

イングランドの宮廷画家、ピーター・レリー( Peter Lely, 1618年-1680年)の所有だったことから、『レリーのヴィーナス(またはアフロディーテ)』( Lely’s Venus ( Aphrodite )』とも呼ばれています。

レリーは「リリー」と表記されることもあるため、『リリー・ヴィーナス』(『リリーのヴィーナス』)となっているかもしれません。

『うずくまるヴィーナス』 ルーヴル美術館蔵

『うずくまるヴィーナス』 帝国時代のローマン・コピー ルーヴル美術館蔵
『うずくまるヴィーナス』 帝国時代のローマン・コピー ルーヴル美術館蔵

引用元:『うずくまるヴィーナス』 Jastrow

腕の有無、所作ひとつで同じお題でも雰囲気が変わりますね。

『アフロディテとエロス』(腕とエロス付き)

『アフロディーテとエロス』 エルミタージュ美術館蔵
『アフロディーテとエロス』 エルミタージュ美術館蔵

引用元:『アフロディーテとエロス』 エルミタージュ美術館蔵 Yair Haklai

少しワル?な微笑みを浮かべ、アフロディーテの背後に立つエロス。(見方によっては「無邪気」に見えるかも)

『アフロディーテとエロス』 エルミタージュ美術館蔵
『アフロディーテとエロス』 エルミタージュ美術館蔵

引用元:『アフロディーテとエロス』(背後に立つエロス) エルミタージュ美術館蔵 Tangopaso

前掲の手形の場所とは少し違いますが、こんな風だったのね、と思います。

『うずくまるヴィーナス』(またはアフロディーテ)のローマ時代の模刻はこれらの美術館以外にもあります。

その多さから、このテーマが非常に好まれたのだなと判りますね。

ルーヴル美術館のヴィーナスが発見された場所も浴場だったといいますから、当時の愛好家たちは入浴しながら、愛と美の女神が驚く様を存分に眺めていたのでしょうね。

主な参考文献
  • 『pen 2015 No.528 』
  • 日本放送出版協会. 『NHK ルーブル美術館 Ⅱ』
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
TOP
目次
閉じる