ブーシェの『ヴィーナスの化粧』『ヴィーナスの水浴』

  • URLをコピーしました!

2022年のメトロポリタン美術館展で『ヴィーナスの化粧』が来日しました。本作はポンパドゥール侯爵夫人のベルビュー城のために描かれた作品ですが、これと対になる『ヴィーナスの水浴』も併せてご紹介します。

『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵
『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵

『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵
『ヴィーナスの化粧』 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵

引用元:『ヴィーナスの化粧』

メトロポリタン美術館による解説(日本語)はこちらです。

18世紀の画家フランソワ・ブーシェによる、愛と美の女神ヴィーナス(ウェヌス)の化粧風景です。

軽やかで華やかな貴族文化が花開いたロココの時代。古代神話の女神というより、私室にいる貴族女性のようですね。

この女性が女神であるというのは、キューピッドや、画面上に置かれた薔薇、鳩、真珠、貝殻のフォルムなどの小道具からわかります。

薔薇も鳩もヴィーナスの持ち物(アトリビュート)ですが、真珠や貝殻(ホタテ貝)形の水盤など海を思い起こさせる小道具は、ヴィーナスは海に投げ捨てられたウラノスの男根の泡から生まれたとされているためです。

『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵
『ヴィーナスの化粧』 フランソワ・ブーシェ

寝椅子の装飾も優雅な曲線を描いていますね。

ヴィーナスの乳房が小振りなのはこの頃の好みのようです。

『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵
『ヴィーナスの化粧』 フランソワ・ブーシェ
『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵
『ヴィーナスの化粧』 フランソワ・ブーシェ

足元の布はヴィーナスの生まれた海の、波や泡を連想させます。

香炉の脚も蹄(ひづめ)のようで特徴的。

下には画家のサインが。

『西洋絵画の歴史 2 バロック・ロココの革新』

バロック芸術からロココ芸術の流れ、ブーシェやフラゴナールについても解説されています。『ヴィーナスの化粧』もカラーで掲載。

著者は信頼できる高階秀爾氏と高橋裕子氏です。

電子書籍はありませんが、気軽に読めて物知りになれる(なった気がする)お得な一冊ではないかと思われます。

※画像をクリックすると Amazon のサイトに移動します。

『西洋絵画の歴史 2 バロック・ロココの革新』

『ヴィーナスの水浴』( The Bath of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵

『ヴィーナスの水浴』( The Bath of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ ナショナル・ギャラリー蔵
『ヴィーナスの水浴』 1751年 フランソワ・ブーシェ ナショナル・ギャラリー蔵

引用元:『ヴィーナスの水浴』

ナショナル・ギャラリーの解説はこちらです。

こちらはヴィーナスの水浴風景。

ルーヴル美術館の『オダリスク』『ディアナの水浴』、スウェーデン国立美術館の『ヴィーナスの勝利』に見られるような青い布が敷かれ、美しい肌色をさらに引き立てていますね。

『ヴィーナスの水浴』( The Bath of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ ナショナル・ギャラリー蔵
『ヴィーナスの水浴』 フランソワ・ブーシェ
『ヴィーナスの水浴』( The Bath of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ ナショナル・ギャラリー蔵
『ヴィーナスの水浴』 フランソワ・ブーシェ

『ヴィーナスの化粧』『ヴィーナスの水浴』は、フランス国王ルイ15世の公式寵姫ポンパドゥール侯爵夫人のために造られたベルヴュー城に設置されていました。

ベルヴュー城( Château de Bellevue )

ポンパドゥール侯爵夫人ジャンヌ=アントワネット・ポワソン( Jeanne-Antoinette Poisson, marquise de Pompadour, 1721年12月29日-1764年4月15日)

ポンパドゥール侯爵夫人 1700年代前半 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
ポンパドゥール侯爵夫人 1700年代前半 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵

引用元:『ポンパドゥール侯爵夫人』

「セーヌ川上流、パリとヴェルサイユの中間に位置する小高い丘」で、1748年、莫大な費用をかけて城の建設が始まりました。

城は比較的小さかったが、広大な敷地内にはいくつもの離れが建っていた。狭い屋外通路の先に、主に3つの部屋からなる「湯殿のアパルトマン」が建っており、最初の部屋は浴室で、その左右に化粧室があった。左の扉の上には《ヴィーナスの水浴》(1751年、ワシントン・ナショナル・ギャラリー)、右の扉の上には《ヴィーナスの化粧》が、どちらも楕円形の木工細工にはめ込まれて設置されていた。

『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』(2021-22). p.148.

現在、美術館ではこんな感じの額で飾られています。

『ヴィーナスの化粧』( The Toilet of Venus ) 1751年 フランソワ・ブーシェ メトロポリタン美術館蔵
『ヴィーナスの化粧』 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ヴィーナスの化粧』 Wikipedia Loves Art participant “futons_of_rock“ CC-BY-2.5

1757年頃のベルヴュー城の再現図

1757年頃のベルヴュー城の3D再現
1757年頃のベルヴュー城の3D再現

引用元:1757年頃のベルヴュー城の3D再現 Franck devedjian CC-BY-SA-4.0

現在は残っていないけれど、ポンパドゥール侯爵夫人がいた頃ってこんな感じだったのね( ゚Д゚)とイメージし易いですね。

ポンパドゥール夫人の時代のベルヴュー城。中庭からの眺め。
ポンパドゥール夫人の時代のベルヴュー城。中庭からの眺め。

引用元:ポンパドゥール夫人の時代のベルヴュー城。中庭からの眺め。 Jacques Rigaud

ポンパドゥール侯爵夫人はセーヴル窯の開窯にも尽力しています。

不振続きのヴァンセンヌ窯に巨額の資金を投入したポンパドゥール侯爵夫人は、1756年、国王の賛同を得て、自身の館のあったベルヴューに近いセーヴルに製作所を移転させます。

翌1757年、ヴァンセンヌ窯は、「フランス王立セーヴル磁器製作所」として開窯しました。

ベルヴュー城では展示即売会が行われ、完成した作品は招待された王侯貴族や大商人たちによって購入されました。

『世界の光(羊飼いたちの崇拝)』( La Lumière du monde ( Adoration des bergers )) 1750年 フランソワ・ブーシェ リヨン美術館蔵

『世界の光(羊飼いたちの礼拝)』( La Lumière du monde ( Adoration des bergers )) 1750年 フランソワ・ブーシェ リヨン美術館蔵
『世界の光(羊飼いたちの礼拝)』 1750年 フランソワ・ブーシェ リヨン美術館蔵

引用元:『世界の光(羊飼いたちの礼拝)』

ルーヴル美術館による解説はこちらです。

『世界の光(羊飼いたちの礼拝)』( La Lumière du monde ( Adoration des bergers )) 1750年 フランソワ・ブーシェ リヨン美術館蔵
『世界の光(羊飼いたちの礼拝)』 フランソワ・ブーシェ

引用元:『世界の光(羊飼いたちの崇拝)』 Alain Basset CC-BY-SA-3.0

ルーヴル美術館のサイトによりますと、この絵はベルヴュー城内の礼拝堂のために描かれました。

1750年のサロンに出品され、ポンパドゥール侯爵夫人の死後の1766年に売却されたそうです。

ベルヴュー城内の装飾品

1755年頃のポンパドゥール侯爵夫人の salon de compagnie
1755年頃のポンパドゥール侯爵夫人の salon de compagnie

引用元:1755年頃のポンパドゥール侯爵夫人の salon de compagnie Franck devedjian CC-BY-SA-4.0

こちらも再現図。ポンパドゥール侯爵夫人のラウンジだそうです。

飾られている絵画はカルル・ヴァン・ロー(またはシャルル=アンドレ・ヴァン・ロー)の作品です。

『友情』 1753年 ジャン=バティスト・ピガール ルーヴル美術館蔵
『友情』 1753年 ジャン=バティスト・ピガール ルーヴル美術館蔵

引用元:『友情』

ルーヴル美術館による解説はこちらです。

現在はルーヴル美術館に収められているピガールの彫刻 “L’Amitié sous les traits de Mme de Pompadour” です。

1750年にポンパドゥール侯爵夫人から依頼されて制作されました。

ポンパドゥール侯爵夫人がルイ15世とベッドを共にしていたのは約5年程といわれ、それ以降はルイ15世とは「友人」の間柄になったといわれています。

“L’Amitié sous les traits de Mme de Pompadour” は『『友情』としてのポンパドゥール夫人』の意味でいいかなと思います。

『音楽』 1752年 エティエンヌ=モーリス・ファルコネ ルーヴル美術館蔵
『音楽』 1752年 エティエンヌ=モーリス・ファルコネ ルーヴル美術館蔵

引用元:『音楽』

ルーヴル美術館による解説はこちらです。

唇に手を当てるキューピッド像で有名なファルコネ。

この彫刻もピガール同様ポンパドゥール侯爵夫人によって注文されました。

ファルコネは彫刻家ジャン=バティスト・ルモワーヌ(子)に師事した後、彫刻家ピガール、パジューに会い、フランソワ・ブーシェとも知り合ったことでポンパドゥール侯爵夫人に縁ができました。

ブーシェは磁器の下絵を描くなどセーヴル窯に深く携わっていますが、ファルコネはセーヴル王立磁器製作所の、彫刻工房の責任者に就任しています。

エティエンヌ=モーリス・ファルコネの肖像 1741年 ジャン=バティスト・ルモワーヌ メトロポリタン美術館蔵
エティエンヌ=モーリス・ファルコネの肖像 1741年 ジャン=バティスト・ルモワーヌ メトロポリタン美術館蔵

引用元:エティエンヌ=モーリス・ファルコネの肖像

ジャン=バティスト・ルモワーヌ(子)(1709年-1778年)の肖像 1754年頃 Jean Valade ヴェルサイユ宮殿
ジャン=バティスト・ルモワーヌ(子)(1709年-1778年)の肖像 1754年頃 Jean Valade ヴェルサイユ宮殿

引用元:ジャン=バティスト・ルモワーヌ(子)の肖像

ジャン=バティスト・ピガール(1714年1月26日-1785年8月22日) 1770年頃? マリー・スザンヌ・ジロウスト ルーヴル美術館蔵
ジャン=バティスト・ピガール(1714年1月26日-1785年8月22日) 1770年頃? マリー・スザンヌ・ジロウスト ルーヴル美術館蔵

引用元:ジャン=バティスト・ピガールの肖像

オーギュスタン・パジュー(1730年9月19日-1809年5月8日)の肖像 1783年 アデライド・ラビーユ=ギアール ルーヴル美術館蔵
オーギュスタン・パジュー(1730年9月19日-1809年5月8日)の肖像 1783年 アデライド・ラビーユ=ギアール ルーヴル美術館蔵

引用元:オーギュスタン・パジューの肖像

ブーシェによるポンパドゥール侯爵夫人の肖像画

『ポンパドゥール侯爵夫人』( Portrait of Marquise de Pompadour ) 1759年 フランソワ・ブーシェ ウォレス・コレクション蔵

『ポンパドゥール侯爵夫人』( Portrait of Marquise de Pompadour ) 1759年 フランソワ・ブーシェ ウォレス・コレクション蔵
『ポンパドゥール侯爵夫人』 1759年 フランソワ・ブーシェ ウォレス・コレクション蔵

引用元:ポンパドゥール侯爵夫人

『化粧中のポンパドゥール夫人』( Marquise de Pompadour at the Toile ) 1758年 フランソワ・ブーシェ フォッグ美術館蔵

『化粧中のポンパドゥール夫人』( Marquise de Pompadour at the Toile ) 1758年 フォッグ美術館蔵
『化粧中のポンパドゥール夫人』 1758年 フランソワ・ブーシェ フォッグ美術館蔵

引用元:『化粧中のポンパドゥール夫人』

『ヴィーナスの化粧』のヴィーナスの顔はポンパドゥール侯爵夫人に似せているという話があります。

そういう目で見ているからか、うん、やっぱり似ている、と思います。

美しさでは後任の公式寵姫デュ・バリー夫人の方が勝っていたそうですが、知的で、とても魅力的な女性であったことは間違いないでしょう。

肖像画に描かれたポンパドゥール侯爵夫人の腕にはよく真珠のブレスレットがあります。

『化粧中のポンパドゥール夫人』ではブレスレットに肖像がはめ込まれている様子が見えますが、これはルイ15世の肖像画です。

主な参考文献
  • 『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』(2021-22).
  • マーガレット・クロスランド(著). 廣田明子(訳). 2001-12-1. 『侯爵夫人ポンパドゥール ヴェルサイユの無冠の女王』. 原書房.
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ぴーちゃん様

    コメント有難うございます。

    青のコントロールカラーを思いつく貴女が偉い。すごい。確かに確かに。
    拝読して初めて、「あ、なるほど!そっか!(゚д゚)!」と思いました。
    コントロールカラーなんて、まったく思いつきませんでしたよ…。
    女子力無いのがバレバレ。_| ̄|○
    恥ずかし。

    ヴィーナス、やっぱり似てますよね!
    ブーシェ先生も描き甲斐があったでしょうね。
    できることならこの時代にタイムスリップして、文化や芸術が洗練されていく様を横で見てみたいなあとよく思います。

    今回も有難うございました。

  • ハンナさん、こんにちは。
    わたしも、ヴィーナスの顔はポンパドゥール侯爵夫人に似ているなぁ、と思います。
    ヴィーナスの青い敷物の話。
    お化粧する時に透明感を出すための青っぽいコントロールカラーがありますね。
    ブーシェも本能的に青が白い肌を引き立てることを知っていたのでしょうか。
    プロの目は凄いです。
    それにしても、ポンパドゥール侯爵夫人は知的で美しくて…最強ですね。

コメントする

CAPTCHA


目次